介護事務 資格

福祉関係の資格をめざす方へ

福祉住環境コーディネーターとは

ilm17_ab01018-s

福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や障害者に対して住宅の改修や整備について助言・提案・情報提供を行い、住みやすい住環境を提案するアドバイザーです。


また、医療・福祉・建築について体系的で幅広い知識を身につけ、各種の専門家と連繋をとりながら適切な住宅改修プランを作成する専門職です。



超高齢化の到来に伴い、高齢者や障害者が、在宅で自立した生活を送るために、既存の狭い居住面積における不自由や、段差の多い住宅の構造を解決する住環境の整備が重要となっています。これら諸々の問題解決には住環境コーディネーターの存在は欠かすことができません。

ユーキャンの福祉住環境コーディネーター講座

介護保険法が施工され住宅改修のニーズは、ますます高まっているので、福祉住環境コーディネーターの活躍の場がどんどん増えると思われます。


下記が福祉住環境コーディネーターの役割です。


○利用者やその家族の要望を把握し、高齢や障害による不便を補い、その人に最適な住環境整備の具体的な解決・改善策を示すこと。


○生活者の視点で状況をを総合的にみて、問題点を見つけだし、具体的な解決・改善策を提示し、生活環境を整えること。


○保健・医療・福祉・建築分野の専門家と連携し、すべての関係者の意見を調整し、生活者の状況に応じた住宅改善プランを提案すること。


○福祉用具や福祉サービス・補助金などの情報を提供しアドバイスすること。



 

タグ :   

福祉住環境コーディネーターについて

この記事に関連する記事一覧

クレジットカード 種類