介護事務 資格

福祉関係の資格をめざす方へ

介護事務の給料ってどうなの?

s_02

介護事務兼業の場合



現在、介護事務の働き方として一番多く見られるのは、介護事務業務を介護福祉士やケアマネージャー等が兼任しているというパターンです。この場合、給料はそれぞれの職種に合わせた額になるか、それに多少の資格手当や管理者手当がつくというパターンになります。




管理者手当は、大体1ヶ月で2~3万円程度のところが多いようです。資格手当の方は、雇用者次第ですが、1ヶ月で5000円が相場のようです。但し管理者手当ても資格手当てもつかないケースも考えられます。


ユーキャンの介護事務講座


介護事務の年収は、そのまま兼任している職種の年収とイコールか、プラスアルファの額になってきます。大体の参考額では介護福祉士が300~350万円ほど、ケアマネージャーが350~400万円といったところですが、介護職は兼業が当たり前なので職種ごとに平均年収額を算出するには難しいところがあります。



介護事務専業のパターン



介護事務専業の仕事として雇用される場合、給料は時給で計算されることが多いようです。これは1ヶ月の中で介護事務の仕事にかなり波があるからです。月次請求の締め切り近くは非常に忙しくなる一方、それ以外は、はかなり手が空くためです。




実際の額に関して言えば、一般的に介護事務パートで時給850円~950円で、パートにも資格手当が適用されると、介護事務職員でも介護福祉士を持っていれば+50円~100円といった具合に給料が上がっていくようです。




尚、正社員での採用になりますと、給料は月給となり、東京の場合で15万円~18万円ぐらいになります。年収は単純に12倍しますと180万円~210万円になりますが、正社員となりますと、各種手当てやボーナスがあるので、220万円~300万円という数字が導きだされます





 

タグ :  

介護事務の基礎知識

クレジットカード 種類