介護事務 資格

福祉関係の資格をめざす方へ

介護事務のメリット

yjimage2

介護事務の仕事はほとんどデスクワークであり、体力を使うことはあまりありません。したがって体力に自信のない人でも福祉関係の仕事に就くことができます。



他の介護の仕事は人を抱えたりお風呂に入れたりなにかと体力を使うことが多いです。また、他の介護の仕事は入所施設などでは土日出勤や夜勤などの変則勤務があります。




特に女性にとっては子どもが小さいうちに働くことは難しいですが、介護事務については変則勤務は通常ありません。また、正社員のみならずパートやアルバイト、派遣などいろいろな契約の勤務形態がありますので、自分にあった勤務の職場を探すことも可能です。




また、ケアマネージャーを目指している人には介護事務の仕事は大いに役立ちます。介護事務を経験することによって、ケアマネージャーの業務の一部(介護保険の給付管理業務)を経験することができるからです。




また、介護事務には直接高齢者と接して介護を行うスタッフのように表舞台で活躍する場面は少ないですが、事業所を運営していく上で一番大事な事業収入に関わる分野の仕事を請け負いますので、経理面や運営能力の知識が身につきます。





 

タグ :  

介護事務の基礎知識

クレジットカード 種類