介護事務 資格

福祉関係の資格をめざす方へ

介護事務のニーズ

yjimage6NLWZQU3

日本は超高齢化社会に突入し、その流れは止まりません。人口の最もボリュームの大きい年齢層である団塊世代が完全に高齢者層に入るまでは、まだしばらく高齢化が進行していくことでしょう。高齢化が進むということは介護施設がまだまだ増え続けるということを意味しています。


介護施設の数が増えれば、それぞれに介護保険業務が発生するわけですから、介護事務のニーズも増加することになるでしょう。尚、介護事務のニーズについて考えるにあたっては、介護施設内における介護事務の役割と実際の業務内容を考えなくてはいけないでしょう。


現状では、専任の介護事務を置いていないところも多く、ケアマネージャー、介護福祉士等が兼任しています。ただし今後介護職の間で、それぞれの役割分担を明確にして業務の充実と質を高める傾向になっていくと思われるので、介護事務の需要は間違いなく増加していくと考えられています。






 

タグ :  

介護事務の基礎知識

クレジットカード 種類