介護事務 資格

福祉関係の資格をめざす方へ

介護事務ってどういう仕事なの?

yjimageYZQ4Q266

介護事務とは、介護保険制度に基づいて本人負担額を計算したり、国や地方自治体に介護保険料を請求したりする人のことです。尚、介護サービスは介護保険制度によって本人の負担は1割で残りは国や地方自治体が負担しています。


主に国や地方自治体に介護保険料を請求する事務作業を行いますが、仕事の関係上、個人負担分の計算や利用料徴収作業も行います。介護事務という職業は一般の事務職とは異なる部分が大きいため介護事務という呼称で区別されています。それは2000年4月から始まった介護保険制度の仕組みが煩雑で一般の事務職と分ける必要性があるからです。


医療事務と似ている部分もありますが、医療事務は点数で計算するのに対して介護事務は単位で計算します。入浴介助や栄養管理、口腔ケア、機能訓練など、それぞれのサービスごとに細かく単位が決められていて、行ったサービスの単位数を足して利用料を国や地方自治体に請求する金額を算出します。


尚、介護保険制度は始まったばかりの制度で、利用者(特に高齢者)やその家族の中には制度をよく理解していない人が多く見受けられるので、介護事務という職業は、制度を分かりやすく説明することも求められています。




 

タグ :   

介護事務の基礎知識

クレジットカード 種類