介護事務 資格

福祉関係の資格をめざす方へ

介護福祉士の仕事を動画で簡略説明致します。

介護福祉士の魅力を動画でお知らせします。性別、年齢に関係なく働ける職場だということがわかると思います。
景気に関係なく安定した収入を確保できるのも魅力です。詳しくは動画をご覧ください。


 

タグ :  

介護福祉士について

介護福祉士の試験と難易度

illust672




介護福祉士の試験の難易度は、それほど難しいものではありませんが、試験を受験するためには基本的には実務経験が必要になります。
実務経験を今から積むというのが難しいようであれば、養成施設で学習をするという方法があります。最近では夜間制の養成施設も多い為、、社会人でも学習しやすい環境となっています。

ユーキャンの介護福祉士講座


介護福祉士 試験内容
試験実施日 年1回
筆記試験:1月
実技試験:3月(※筆記試験に合格した人のみが受験可能)
受験資格 受験には、以下のいずれかの条件を満たす必要があります。


・ 養成施設2年以上
・ 介護職の実務経験3年以上


試験内容 マークシート形式(5択)
※合格ラインは60%
※現在の社会福祉士試験の合格率はおよそ40~50%です

 

タグ :   

介護福祉士について

介護福祉士とは

illust_p38-1

介護福祉士とは高齢社会の進展のなかで、急増している認知症老人や寝たきり老人、及び障がいを持つ人々に対しての介護、すなわち、食事や入浴、衣類の着脱等の直接的介護サポートを行う介護の専門家です。



また、介護福祉士は、高齢者や障がい者の自立を支援し、さらに家族に対して介護方法の指導を行い、介護を必要とする人がより質の高い生活を実現できるように努めるのが主たる仕事です。そのため、介護福祉士には、介護対象者の尊厳を守るための献身性と、あたたかなふれあいをつなぐ優れた人間性が求められます。

ユーキャンの介護福祉士講座

介護福祉士は、高齢者や障害のある人の介護をすることが主な役割です。しかし、ただ単に介護をするだけではありません。その人の生活全般を広くとらえて、利用者の人権や自立をを尊重した介護をすること、それはすなわち介護を受ける人の心と体に応じた介護を行うこということです。


また、介護福祉士の役割である介護の実施は、介護を受ける利用者との協力関係の上で実施することも重視されています。尚、介護サービス提供においては、利用者との人間関係を良好に築くことができるコミュニケーション能力も介護福祉士には必要とされている要素です。




 

タグ :   

介護福祉士について

介護事務の給料ってどうなの?

s_02

介護事務兼業の場合



現在、介護事務の働き方として一番多く見られるのは、介護事務業務を介護福祉士やケアマネージャー等が兼任しているというパターンです。この場合、給料はそれぞれの職種に合わせた額になるか、それに多少の資格手当や管理者手当がつくというパターンになります。




管理者手当は、大体1ヶ月で2~3万円程度のところが多いようです。資格手当の方は、雇用者次第ですが、1ヶ月で5000円が相場のようです。但し管理者手当ても資格手当てもつかないケースも考えられます。


ユーキャンの介護事務講座


介護事務の年収は、そのまま兼任している職種の年収とイコールか、プラスアルファの額になってきます。大体の参考額では介護福祉士が300~350万円ほど、ケアマネージャーが350~400万円といったところですが、介護職は兼業が当たり前なので職種ごとに平均年収額を算出するには難しいところがあります。



介護事務専業のパターン



介護事務専業の仕事として雇用される場合、給料は時給で計算されることが多いようです。これは1ヶ月の中で介護事務の仕事にかなり波があるからです。月次請求の締め切り近くは非常に忙しくなる一方、それ以外は、はかなり手が空くためです。




実際の額に関して言えば、一般的に介護事務パートで時給850円~950円で、パートにも資格手当が適用されると、介護事務職員でも介護福祉士を持っていれば+50円~100円といった具合に給料が上がっていくようです。




尚、正社員での採用になりますと、給料は月給となり、東京の場合で15万円~18万円ぐらいになります。年収は単純に12倍しますと180万円~210万円になりますが、正社員となりますと、各種手当てやボーナスがあるので、220万円~300万円という数字が導きだされます





 

タグ :  

介護事務の基礎知識

クレジットカード 種類