介護事務 資格

福祉関係の資格をめざす方へ

介護事務の現状と今後

yjimage

介護事務の現状



介護事務は、介護施設における事務処理を全般を行う職業ですが、その求人募集はまだそれほど多いものではありません。
何故かといいますと、多くの介護施設の規模では介護事務専任を雇わなくても、ケアマネージャー、場合によっては介護福祉士が兼任する範囲で事務処理をおこなえてしまうからです。




すなわち、介護事務が必要になるのはある程度以上の規模を持つ介護施設です。介護事務を専任のスタッフに分担しないと業務がスムーズに行かない、または運営できないぐらい滞ってしまう施設ということになります。こうした規模の介護施設は、介護施設全体から見れば現状ではまだ少数であるため、介護事務の募集もそれ程多くはなっていません。




但し介護事務に関する技術知識を持っていれば、同じ介護福祉士、ヘルパー、ケアマネージャーとして働く場合でも、プラスアルファの技能として重宝されるということでもあります。介護事務の認定資格を持っていれば、いずれの職種で勤めるとしてもかなり歓迎されることでしょうし、資格手当てがつく職場もあります。従って介護事務の資格を習得することはけっして無駄になるということはありません。



介護事務の今後



そもそもの介護職全体の需要は増える一方ですが、なり手はそこまで追いつかないというが実状です。介護職全体の需要が増えるということは、おのずと介護事務の需要も増えるということは言えるでしょう。但し、ストレートにこうした需要と連動するものではありませんが、やはりある程度は影響を受けるということは予想できます。




また、今後介護業界そのものにおいて、中小の介護施設が消えて大手に統廃合されていくだろうとも言われています。そうなると介護業務の分業化・プロフェッショナル化が進むのは間違いありません。このような流れになると、介護事務の必要性はますます高まり、その需要は増加していくだろうと考えられます。





 

タグ :   

介護事務の基礎知識

介護事務のニーズ

yjimage6NLWZQU3

日本は超高齢化社会に突入し、その流れは止まりません。人口の最もボリュームの大きい年齢層である団塊世代が完全に高齢者層に入るまでは、まだしばらく高齢化が進行していくことでしょう。高齢化が進むということは介護施設がまだまだ増え続けるということを意味しています。


介護施設の数が増えれば、それぞれに介護保険業務が発生するわけですから、介護事務のニーズも増加することになるでしょう。尚、介護事務のニーズについて考えるにあたっては、介護施設内における介護事務の役割と実際の業務内容を考えなくてはいけないでしょう。


現状では、専任の介護事務を置いていないところも多く、ケアマネージャー、介護福祉士等が兼任しています。ただし今後介護職の間で、それぞれの役割分担を明確にして業務の充実と質を高める傾向になっていくと思われるので、介護事務の需要は間違いなく増加していくと考えられています。






 

タグ :  

介護事務の基礎知識

クレジットカード 種類