介護事務 資格

福祉関係の資格をめざす方へ

介護福祉士の取得と就職先

g30_cj




介護福祉士になるためには、介護福祉士国家資格を取得できる大学・短期大学・専門学校等を卒業する方法と、介護の仕事を3年以上経験し、国家試験を直接受けて取得する方法等があります。


高校福祉科卒業または介護業務に3年以上従事した人の場合は国家試験を受験し合格することが必要となります。尚、介護福祉士は 年齢制限がないせいか、違う職種の仕事をしながら勉強し介護福祉士の資格を取得する人も少なくありません。



介護福祉士取得後は、グループホームや老人ホームなどの介護施設や民間の介護サービス事業者で働くのが一般的です。また、介護施設で働く場合と、各家庭に直接訪問して介護を行う場合とに分けられます。療養型の病院やリハビリセンターでの介護職や介護支援センターの相談員などもあります。



社会における急速な高齢化に伴い、介護福祉士の職域は広い範囲におよんでいます。介護福祉士のニーズは高く、将来的に見ても需要が伸びるのは間違いありません。

ユーキャンの介護福祉士講座

 

タグ :    

介護福祉士について

ケアマネージャーの役割と資格

l_06

ケアマネージャーの役割は、介護保険制度に基づき介護サービスが必要な高齢者やその家族の相談にのり、問題解決に必要な介護サービスを迅速に、効果的に提供することです。要介護者本人の身体や家族状況、心の状況を的確に把握して、状況に応じた必要となるサービスを提案し、利用者と介護事業者間の円滑な関係を保つことも重要な仕事の一つです。


その他、各種申請や更新の手続きを代行したり、施設入所を希望する人に対して適切な施設を選ぶこともケアマネージャーの役割の一つです。ケアマネージャーの資格を取るためには、まず、都道府県が行う「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格し、「実務研修」を受ける資格を保有します。

ユーキャンのケアマネジャー講座

但し、受験資格があります。社会福祉士、介護福祉士、医師、看護師、保健師、理学療法士、作業療法士などの有資格者で、かつその資格にかかわる実務に5年以上従事したもの及び、地域の保健所やリハビリテーションセンター、介護支援センターなどで相談援助や介護の業務に5年以上従事したものに受験資格があります。


その後、「介護支援専門員実務研修」を受講することではじめて資格を取得することができます。このようにケアマネージャーは学校を卒業してすぐに取得可能な資格ではなく、ある一定以上の実務経験を必要とする資格です。




 

タグ :     

ケアマネージャーについて

クレジットカード 種類