介護事務 資格

福祉関係の資格をめざす方へ

ケアマネージャーとは

l_041




ケアマネージャーは、日常生活を送るために介護を必要とする「要介護認定」を受けた人に対して、最適と思われる介護サービスを受けられるように、要介護者のケアプラン作成を行い、介護サービス実施後のチェックと見直しを行う専門家です。

いわば、ケアプラン作成とそのチェック見直しがメインで、介護保険制度に必須の専門家です。その理由は、介護保険制度では、介護が必要と認定された方にはケアプランと呼ばれる介護計画を必ず作成する必要があり、その作成の役割を担うのがケアマネージャーであるからです。

ユーキャンのケアマネジャー講座

 

タグ :    

ケアマネージャーについて

クレジットカード 種類