介護事務 資格

福祉関係の資格をめざす方へ

ホームヘルパーとは

l_052




ホームヘルパーとは、お年寄りや心身に障害を持つなど、日常生活において支障がある方に、生活面でのサポートを行うために家庭に訪問し、サービスを提供する人のことです。


住みなれた家で、家族に囲まれて生活したい。やすらかでのんびりと生きがいのある日々を送りたいという高齢者や障害を持つ人の願いを、実現していくお手伝いをする仕事です。


仕事の性格上、ホームヘルパーは、「訪問介護員」という呼称で呼ばれることもあります。尚、ホームヘルパーは主に在宅での介護を仕事としていますが、デイサービスやデイケア、特別養護老人ホーム、介護療養型医療施設、老人保健施設、グループホームなどなど在宅に限らずいろいろな場所で利用者さんの生活を支援しています。

 

ホームヘルパーについて

ケアマネージャーの就職と求人

m_03




介護保険では、介護保険指定業者や施設にはケアマネージャーを1名以上配置することが義務付けられています。その関係からケアマネージャーの就職先は、介護保険の指定業者やその施設に多く、在宅介護支援センターや民間の介護サービス提供会社、老人ホーム、保険施設などになります。これらの施設の多くは、ケアマネージャーの有資格者を募集しています。


つまり、資格取得後、すぐに活躍できる場所があるということでもあります。ケアマネージャーの求人は、インターネットの民間求人情報サイトや人材紹介サイトの他、ハローワークでも探せます。


また、ケアマネージャーとしての就職や転職を考えるなら、働きたい地域や雇用形態などで検索、応募することができる「求人情報サイト」を利用する手だてもあります。会員登録するだけでスカウトを受けることもできます。



ユーキャンのケアマネジャー講座

 

タグ :       

ケアマネージャーについて

ケアマネージャーの試験と難易度

m_01




ケアマネージャーの試験は、正式名称「介護支援専門員実務研修受講試験」といい、全国一斉に10月に行われます。ケアマネージャー試験開始当初は、ケアマネージャーを多く量産する必要があった社会的背景もあったので、合格率も40%以上あり比較的合格しやすい試験でした。ところが、年々、合格率が低下傾向になってきており現在では、20%~22%とやや難関になっています。


試験内容は、以下のような構成で、合計60問で行われます。



1.介護支援分野 - 25問
2.保険医療サービス(基礎) - 15問
3.保険医療サービス(総合) - 5問
4.福祉サービス分野 - 15問

ケアマネージャー試験の出題形式はマークシート方式ですが、単なる択一問題ではなく〝複択”解答が求められている点に大きな特徴がみられます。そのため、受験者には、幅広い知識と正確な知識が要求されます。


また、ケアマネージャーの資格取得を目指す人向けの必読書ともいえるテキストであった『介護支援専門員 標準テキスト』から『介護支援専門員 基本テキスト』へと改訂されて以降、本試験で出題される問題は、基本的なことを丸暗記するのではなく本質を理解することが重要になってきており、より実践的・実用的な問題が増えている傾向にあります。

ユーキャンのケアマネジャー講座

 

タグ :   

ケアマネージャーについて

ケアマネージャーの役割と資格

l_06

ケアマネージャーの役割は、介護保険制度に基づき介護サービスが必要な高齢者やその家族の相談にのり、問題解決に必要な介護サービスを迅速に、効果的に提供することです。要介護者本人の身体や家族状況、心の状況を的確に把握して、状況に応じた必要となるサービスを提案し、利用者と介護事業者間の円滑な関係を保つことも重要な仕事の一つです。


その他、各種申請や更新の手続きを代行したり、施設入所を希望する人に対して適切な施設を選ぶこともケアマネージャーの役割の一つです。ケアマネージャーの資格を取るためには、まず、都道府県が行う「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格し、「実務研修」を受ける資格を保有します。

ユーキャンのケアマネジャー講座

但し、受験資格があります。社会福祉士、介護福祉士、医師、看護師、保健師、理学療法士、作業療法士などの有資格者で、かつその資格にかかわる実務に5年以上従事したもの及び、地域の保健所やリハビリテーションセンター、介護支援センターなどで相談援助や介護の業務に5年以上従事したものに受験資格があります。


その後、「介護支援専門員実務研修」を受講することではじめて資格を取得することができます。このようにケアマネージャーは学校を卒業してすぐに取得可能な資格ではなく、ある一定以上の実務経験を必要とする資格です。




 

タグ :     

ケアマネージャーについて

ケアマネージャーとは

l_041




ケアマネージャーは、日常生活を送るために介護を必要とする「要介護認定」を受けた人に対して、最適と思われる介護サービスを受けられるように、要介護者のケアプラン作成を行い、介護サービス実施後のチェックと見直しを行う専門家です。

いわば、ケアプラン作成とそのチェック見直しがメインで、介護保険制度に必須の専門家です。その理由は、介護保険制度では、介護が必要と認定された方にはケアプランと呼ばれる介護計画を必ず作成する必要があり、その作成の役割を担うのがケアマネージャーであるからです。

ユーキャンのケアマネジャー講座

 

タグ :    

ケアマネージャーについて

クレジットカード 種類