介護事務 資格

福祉関係の資格をめざす方へ

介護福祉士の取得と就職先

g30_cj




介護福祉士になるためには、介護福祉士国家資格を取得できる大学・短期大学・専門学校等を卒業する方法と、介護の仕事を3年以上経験し、国家試験を直接受けて取得する方法等があります。


高校福祉科卒業または介護業務に3年以上従事した人の場合は国家試験を受験し合格することが必要となります。尚、介護福祉士は 年齢制限がないせいか、違う職種の仕事をしながら勉強し介護福祉士の資格を取得する人も少なくありません。



介護福祉士取得後は、グループホームや老人ホームなどの介護施設や民間の介護サービス事業者で働くのが一般的です。また、介護施設で働く場合と、各家庭に直接訪問して介護を行う場合とに分けられます。療養型の病院やリハビリセンターでの介護職や介護支援センターの相談員などもあります。



社会における急速な高齢化に伴い、介護福祉士の職域は広い範囲におよんでいます。介護福祉士のニーズは高く、将来的に見ても需要が伸びるのは間違いありません。

ユーキャンの介護福祉士講座

 

タグ :    

介護福祉士について

介護福祉士の試験と難易度

illust672




介護福祉士の試験の難易度は、それほど難しいものではありませんが、試験を受験するためには基本的には実務経験が必要になります。
実務経験を今から積むというのが難しいようであれば、養成施設で学習をするという方法があります。最近では夜間制の養成施設も多い為、、社会人でも学習しやすい環境となっています。

ユーキャンの介護福祉士講座


介護福祉士 試験内容
試験実施日 年1回
筆記試験:1月
実技試験:3月(※筆記試験に合格した人のみが受験可能)
受験資格 受験には、以下のいずれかの条件を満たす必要があります。


・ 養成施設2年以上
・ 介護職の実務経験3年以上


試験内容 マークシート形式(5択)
※合格ラインは60%
※現在の社会福祉士試験の合格率はおよそ40~50%です

 

タグ :   

介護福祉士について

介護福祉士とは

illust_p38-1

介護福祉士とは高齢社会の進展のなかで、急増している認知症老人や寝たきり老人、及び障がいを持つ人々に対しての介護、すなわち、食事や入浴、衣類の着脱等の直接的介護サポートを行う介護の専門家です。



また、介護福祉士は、高齢者や障がい者の自立を支援し、さらに家族に対して介護方法の指導を行い、介護を必要とする人がより質の高い生活を実現できるように努めるのが主たる仕事です。そのため、介護福祉士には、介護対象者の尊厳を守るための献身性と、あたたかなふれあいをつなぐ優れた人間性が求められます。

ユーキャンの介護福祉士講座

介護福祉士は、高齢者や障害のある人の介護をすることが主な役割です。しかし、ただ単に介護をするだけではありません。その人の生活全般を広くとらえて、利用者の人権や自立をを尊重した介護をすること、それはすなわち介護を受ける人の心と体に応じた介護を行うこということです。


また、介護福祉士の役割である介護の実施は、介護を受ける利用者との協力関係の上で実施することも重視されています。尚、介護サービス提供においては、利用者との人間関係を良好に築くことができるコミュニケーション能力も介護福祉士には必要とされている要素です。




 

タグ :   

介護福祉士について

ホームヘルパーの資格取得について

i01

ホームヘルパーは1級~3級までありますが、試験はなく、各地方自治体や民間の養成研修機関が主催している講座を受講すれば取得できます。尚、1級取得のためには、2級取得後、1年以上ホームヘルパーとして活動したものという条件があります。



3級取得の講習→履修時間50時間(講義25時間・実技17時間・実習8時間)
ホームヘルビス事業入門研修


2級取得の講習→履修時間130時間(講義58時間・実技42時間・実習30時間)
ホームヘルプサービス事業従事者の基本研修


1級取得の講習→履修時間230時間(講義84時間・実技62時間・実習84時間)
チーム運営方式の主任ヘルパー等の基幹的ヘルパーの養成研修


講義・実技・実習の内容


○講議…社会福祉に関する知識、介護概論、医学基礎知識など
○実技…ケア計画の作成、介護技術など
○実習…在宅サービス提供現場見学、施設介護実習など



 

タグ :   

ホームヘルパーについて

ホームヘルパーの仕事内容

l_05

ホームヘルパーは、介護を必要とする高齢者や日常生活に支障がある心身に障害を持っている人が自立した生活を送れるように、様々な手助けをする仕事を行います。


仕事は大きく分けると、「生活援助」と「身体介護」、それに「相談や助言」などがあります。生活援助としての仕事は、食事の支度や掃除、洗濯、買い物などです。身体介護の内容は、食事や排泄の介助、衣類の着脱、体位交換、などがあります。また、生活や介護、居住環境などの相談や助言も大切な仕事です。


尚、ホームヘルパーは、実際に介護の仕事に就いて、実践での技術や知識をいかに身につけるかが重要であり、知識や技術の面で優れている人が、優秀なホームヘルパーになるとは限りません。ホームヘルパーに最も求められることは、いかに利用者の声に耳を傾けていくことができるか、いかに利用者や家族の求めていることを察知でき、対処できるかということに集約されます。




 

タグ :  

ホームヘルパーについて

クレジットカード 種類