介護事務 資格

福祉関係の資格をめざす方へ

ホームヘルパーの仕事内容

l_05

ホームヘルパーは、介護を必要とする高齢者や日常生活に支障がある心身に障害を持っている人が自立した生活を送れるように、様々な手助けをする仕事を行います。


仕事は大きく分けると、「生活援助」と「身体介護」、それに「相談や助言」などがあります。生活援助としての仕事は、食事の支度や掃除、洗濯、買い物などです。身体介護の内容は、食事や排泄の介助、衣類の着脱、体位交換、などがあります。また、生活や介護、居住環境などの相談や助言も大切な仕事です。


尚、ホームヘルパーは、実際に介護の仕事に就いて、実践での技術や知識をいかに身につけるかが重要であり、知識や技術の面で優れている人が、優秀なホームヘルパーになるとは限りません。ホームヘルパーに最も求められることは、いかに利用者の声に耳を傾けていくことができるか、いかに利用者や家族の求めていることを察知でき、対処できるかということに集約されます。




 

タグ :  

ホームヘルパーについて

この記事に関連する記事一覧

クレジットカード 種類