介護事務 資格

福祉関係の資格をめざす方へ

福祉住環境コーディネーターの勉強方法

kurumaisu

もちろん、独学で市販の教材を使って勉強するのが一番安く合格できる方法だと思いますが、効率よく勉強したり、ひとりで勉強する自信がない人には通信講座がお薦めです。ひとりだけで学習するには、高い集中力とモチベーションを保ち続けることが必要になってきます。まずは、無料の資料を何社か請求して、見比べることからはじめましょう。






市販教材同様、福祉住環境コーディネーター講座は多く、どれが自分にあっているのか見定めるのが難しいかもしれませんが、あせらずじっくり取り組みましょう。尚、通信講座ではテキストを使って学習を進めるので、初心者でも取り組みやすく、学習の計画も立てやすくなっています。また独学と違って、疑問点を講師に質問できるなどのサポートを受けることができることが、通信講座の大きなメリットです。

ユーキャンの福祉住環境コーディネーター講座

 

タグ :  

福祉住環境コーディネーターについて

福祉住環境コーディネーターの試験と難易度

kj-a103




福祉住環境コーディネーターの試験は東京商工会議所が主催・認定しています。急速に進む少子高齢化を背景に、住環境整備のコーディネート業務が必要となってきました。


スタート時の福祉住環境コーディネーター検定試験は2級と3級でしたが、 2002年からは、1級の検定試験も実施されるようになりました。3級は福祉と住環境の関連分野の基本的な知識が問われます。2級は各専門職と連携して具体的な解決策を提案できる能力が問われます。
1級は新築や住宅改修の具体的なプランニングができ、安全で快適な街づくりへの参画など、幅広い活動ができる能力が問われます。


福祉系の資格試験は、ほとんど「実務経験何年以上必要」、「福祉系学校卒業の学歴」などといった受験条件がありますが、 福祉住環境コーディネーターの検定試験は、年齢・性別・学歴・実務経験などの受験条件は一切ありません。尚、検定試験の合格率は、3級では約50%、2級では20~50%、1級では難易度が高く約7%です。
ユーキャンの福祉住環境コーディネーター講座

 

タグ :   

福祉住環境コーディネーターについて

福祉住環境コーディネーターの現状

kaigoa




福祉住環境コーディネーターの現状を見てみると、福祉住環境コーディネーターを単独で仕事としている人は少ないと言われています。 福祉や建築の仕事に携わりながら福祉住環境コーディネーターというパターンが多く見受けられます。


福祉住環境コーディネーター検定試験の受験者を見ると、ケアマネージャーやホームヘルパーなどの福祉関係者や建築士などの建築関係者が圧倒的に多いです。 福祉住環境コーディネーターの資格を、サブ的な資格と捉え、現在の仕事に役立てるために福祉住環境コーディネーターの資格も得るという感じです。


福祉住環境コーディネーターの仕事だけでは、収入が少ないからだと思われます。しかし、急速な少子高齢化社会を迎え、福祉住環境コーディネーターという資格は近い将来脚光を浴びることが大いに予想されますので、専門の仕事として取り組んでいった方が良い結果が待っているように思います。

ユーキャンの福祉住環境コーディネーター講座

 

タグ :  

福祉住環境コーディネーターについて

福祉住環境コーディネーターとは

ilm17_ab01018-s

福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や障害者に対して住宅の改修や整備について助言・提案・情報提供を行い、住みやすい住環境を提案するアドバイザーです。


また、医療・福祉・建築について体系的で幅広い知識を身につけ、各種の専門家と連繋をとりながら適切な住宅改修プランを作成する専門職です。



超高齢化の到来に伴い、高齢者や障害者が、在宅で自立した生活を送るために、既存の狭い居住面積における不自由や、段差の多い住宅の構造を解決する住環境の整備が重要となっています。これら諸々の問題解決には住環境コーディネーターの存在は欠かすことができません。

ユーキャンの福祉住環境コーディネーター講座

介護保険法が施工され住宅改修のニーズは、ますます高まっているので、福祉住環境コーディネーターの活躍の場がどんどん増えると思われます。


下記が福祉住環境コーディネーターの役割です。


○利用者やその家族の要望を把握し、高齢や障害による不便を補い、その人に最適な住環境整備の具体的な解決・改善策を示すこと。


○生活者の視点で状況をを総合的にみて、問題点を見つけだし、具体的な解決・改善策を提示し、生活環境を整えること。


○保健・医療・福祉・建築分野の専門家と連携し、すべての関係者の意見を調整し、生活者の状況に応じた住宅改善プランを提案すること。


○福祉用具や福祉サービス・補助金などの情報を提供しアドバイスすること。



 

タグ :   

福祉住環境コーディネーターについて

クレジットカード 種類