介護事務 資格

福祉関係の資格をめざす方へ

介護事務で得られるものとは

yjimage3

介護事務の仕事から得られるものとして、まず第一に介護保険制度の理解が深まることです。介護事務の主な業務は、介護保険の請求手続きですので、介護サービスの種類と点数・請求金額の算出、実際の手続き要項、手続きの流れなどについて熟知しなければなりません。


ユーキャンの介護事務講座


こうした知識は、ケアマネージャーをステップアップとして目指す場合においても生かされます。尚、介護保険の手続き処理という仕事自体は、他の業界で活用できるものではありませんが、事務処理能力そのものはどこの企業でも必要と能力です。




介護事務の経験は、他の介護関係に仕事を移しても、介護とは全く関係ない一般企業に勤めても生かされるはずです。







 

タグ :   

介護事務としての適性

介護事務の志望動機

yjimage1

多くの事務職の中から、介護事務を選ぶ動機としてもっとも多いのが、やはり「介護の仕事に就きたい」という気持ちです。尚且つ、介護現場の最前線で働くには「体力に自信がない」ので事務の仕事に携わりたいという人が多いようです。




さらに今後は、介護関係の資格が難しくなる傾向が予想される中、介護事務は今のところ比較的資格がとりやすいので志望する人が増えています。




また、介護事務は介護保険に関する知識が身につく仕事ですので、同じく事務処理が多くなるケアマネージャーなどへのスップアップとして、介護事務を捉えている人も少なくありません。







 

タグ : 

介護事務としての適性

求められる能力

yjimageKBOHWF03

介護保険制度を利用して介護サービスを利用する人はほとんどの方が高齢者やその家族になります。但し、介護保険制度の仕組みが複雑なので理解していない人も多数います。




そのような人に分かりやすく介護保険制度について説明を行うことが介護事務に求められます。すなわちコミュニケーション能力や難しい用語を分かりやすくかみ砕いて説明する能力も求められます。




さらに2009年度から保険制度が変わり、介護サービス事業所の規模によって保険の単位が違ってくるようになりましたので、介護保険制度にまつわる様々な保険の単位について理解しておくことが必要です。また、介護保険の請求業務はパソコンを使って行いますので、ある程度のパソコン技能は必要です。

 

タグ :   

介護事務としての適性

介護事務に向いている人とは

yjimage5

介護事務の仕事はそのほとんどが事務処理になりますので、書類仕事を面倒だと感じない性格、コツコツ地道に仕事をこなすことが出来る人に向いています。また、公的な機関に対しておこなう手続きですので、基本的に融通が利きません。




従って正確さや緻密さを仕事に求められますので、それに適応できる人でないと介護事務は勤まりません。尚、介護事務は事務職でありながら介護現場を支える介護スタッフであるという面も持っています。この点から、高齢者などのお世話をぜひやりたいが、体力的に難しいという人には理想の職業です。

 

タグ :   

介護事務としての適性

クレジットカード 種類