介護事務 資格

福祉関係の資格をめざす方へ

介護福祉士とは

illust_p38-1

介護福祉士とは高齢社会の進展のなかで、急増している認知症老人や寝たきり老人、及び障がいを持つ人々に対しての介護、すなわち、食事や入浴、衣類の着脱等の直接的介護サポートを行う介護の専門家です。



また、介護福祉士は、高齢者や障がい者の自立を支援し、さらに家族に対して介護方法の指導を行い、介護を必要とする人がより質の高い生活を実現できるように努めるのが主たる仕事です。そのため、介護福祉士には、介護対象者の尊厳を守るための献身性と、あたたかなふれあいをつなぐ優れた人間性が求められます。

ユーキャンの介護福祉士講座

介護福祉士は、高齢者や障害のある人の介護をすることが主な役割です。しかし、ただ単に介護をするだけではありません。その人の生活全般を広くとらえて、利用者の人権や自立をを尊重した介護をすること、それはすなわち介護を受ける人の心と体に応じた介護を行うこということです。


また、介護福祉士の役割である介護の実施は、介護を受ける利用者との協力関係の上で実施することも重視されています。尚、介護サービス提供においては、利用者との人間関係を良好に築くことができるコミュニケーション能力も介護福祉士には必要とされている要素です。




 

タグ :   

介護福祉士について

この記事に関連する記事一覧

クレジットカード 種類