介護事務 資格

福祉関係の資格をめざす方へ

介護事務の仕事内容と職場

l_042

介護事務の仕事



介護事務はまだ生まれてまだ10数年しか経っていない新しい職業です。2000年からスタートした介護保険制度によって、生まれた職業です。介護を受ける人にはありがたい制度で1割の負担で介護サービスを受けることができるようになりました。残りの9割を国や市町村に請求するのが介護事務の主な仕事です。




介護事務の仕事内容は、保険請求事務のほかに、受付業務や書類管理、経理等などをまかされることもあります。また、基本的にパソコン操作は必須で、ネットによるデータ伝送やフロッピーデスクによるデータ提出が義務化されています。



介護事務は、介護サービスを行う施設を併設した医療機関が増えていますし、高齢化が進む日本では、ますますニーズが高まる職業です。また、介護事務の仕事は不況の影響を受けることが少ないのが大きなメリットです。



介護事務の勤務時間



介護事務は介護スタッフではありませんので、夜勤もホームに泊まり込んで仕事をするというようなことはありません。また、基本的に休日出勤や残業は殆どありません。朝出社をしてから、前日に誰がどの介護を受けたのかをチェックしてパソコンに入力したり、書類に書き込んだりします。



但し、介護保険の請求をしなければならない時期は、仕事に追われ、時には残業も必要になることもあります。仕事の波が大きいので、パートで働いているケースが多く見られます。


介護事務の職場



介護事務の魅力に、職場の多さを挙げることが出来ます。およそあらゆる医療機関や介護現場で必要とされる職種です。具体的な職場としては以下のものがあります。




■ 在宅介護サービス事業者


■ 訪問介護ステーション


■ 老人保健施設


■ 各種医療機関


■ 在宅介護支援センター


尚、介護事務は正社員から派遣、パートタイマーまで、幅広い働き方ができるので、ライフスタイルに応じた働き方ができるのが大きなメリットです。


ユーキャンの介護事務講座

 

タグ :    

介護事務の基礎知識

この記事に関連する記事一覧

クレジットカード 種類