介護事務 資格

福祉関係の資格をめざす方へ

介護事務を学ぶ方法

b018




通信講座の場合


介護事務の資格を取得するための勉強方法に「通信講座」があります。通信講座とは、自宅に居ながら試験勉強ができる方法で、自宅に送られてくる専用の教材を使用します。通信講座を利用するメリットは、何と言っても自分の都合に合わせて勉強できることです。


通信講座は教材だけが送られてきて学ぶというものではなく、殆どは専任の講師がつきますから、分からない箇所や疑問点を質問することも出来ます。カリキュラムは4ヶ月から5ヶ月ほどの期間が一般的のようですが、自分の都合に合わせて延長できる講座が多いです。


尚、通信講座はどれも同じではないので、自分にあった通信講座を選ぶことが重要です。通信講座の資料は無料で請求できますから、テキスト内容が自分にあっているかどうかや費用、学習期間等調査の上講座に申し込みましょう。


スクールの場合


介護事務の資格を取得するための勉強方法に「スクール」に通う方法があります。介護事務の勉強を「スクール」で行う場合の一番のメリットは、「通信講座や」「独学」といった勉強方法とは違い、直接講師による説明があり、分からないところや疑問点を直にぶつけることができる点です。


但し、スクールへ通わなければならないので、仕事をお持ちの方がスクールでの勉強方法を選ぶ場合、自分の都合にあった時間帯のコースがあるかどうかを調べる必要があります。またそれぞれ制度の違いがありますから、自分の条件に合うスクールを見つけることが大切です。


尚、スクールには大抵、無料または格安で体験レッスンが出来るので、是非参加して自分にとって勉強しやすい環境か体験してください。


独学で勉強する方法


介護事務の勉強にかかる費用を抑えることができるのが最大のメリットです。但し、自分のペースで勉強できる反面、専門の講師による指導がないので、分からない箇所が出てきても自分で解決しなければなりません。根気よくコツコツ、地道に頑張れる人に向いている勉強方法です。


尚、介護事務の資格取得のための勉強を「独学」で始めるにあたって、一番重要なのが「テキスト選び」です。その際にテキストと問題集は同じ出版社のものを選んで下さい。相互に互換性を持っているので、より勉強の効率をあげることができます。



ユーキャンの介護事務講座

 

タグ :     

介護事務の基礎知識

この記事に関連する記事一覧

クレジットカード 種類