介護事務 資格

福祉関係の資格をめざす方へ

介護事務試験詳細

s_03

介護事務の資格は、民間の認定機関の試験を合格することによって得られます。それぞれの認定機関で「ケアクラーク」「介護事務管理士」「介護保険事務士」と資格の名称が異なります。






ケアクラーク技能認定試験



(財)日本医療教育財団が主催する試験。ケアクラーク技能認定試験は、介護保険制度のもとでの介護報酬請求事務など、介護事務の専門家として必要な知識と技能のレベルを評価、認定する試験で、ケアクラーク技能認定試験に合格すると技能認定合格書が交付されます。




●受験資格

教育機関等が行う教育訓練のうち、認定委員会が認定規程により認める「ケアクラーク技能認定試験受験資格に関する教育訓練ガイドライン」に適合すると認めるものを履修した者介護事務職として6ヵ月以上の実務経験を有する者



●試験内容


学科試験 - 筆記(択一式) 25問 50分
1.人間関係(コミュニケーション)、2.老人・障害者の心理、3.社会福祉、4.老人福祉、5.地域福祉、6.社会福祉援助技術、7.介護概論、8.介護術技術・障害形態別介護技術、9.リハビリテーション、10.医学一般、11.介護保険制度、12.介護事務業務


実技試験 - 2問 60分
介護給付費請求事務 介護給付費明細書作成


※学科試験、実技試験ともに得点率が70%以上で合格。


●受験申込の期間


当該試験日の2ヵ月前より、当該試験日の2週間前まで


●試験日程


4月、6月、8月、10月、12月、翌年2月の年6回


●合格発表


試験日から約1ヵ月後に郵送により通知

●受験手数料

6,000円

介護事務管理士技能認定試験



㈱技能認定振興協会が主催する資格試験。合格すると「介護事務管理士」と認定されます。介護事務管理士の資格は、介護保険制度の仕組みを理解して、介護報酬を計算し、介護スタッフをサポートするなど、介護サービス提供機関にとって必要不可欠な資格です。




● 受験資格はありません。


●試験内容


[実技試験] 介護給付費明細書の作成・・・4枚>
1問につき50%以上、全体で70%以上


実技・学科とも資料などを参考にして答案作成が認められています。

●試験日程
年 6 回 (奇数月の第4 土曜日)


●合格発表
試験日から約1ヵ月後に郵送により通知


●受験料
5,000円

介護事務実務士



介護事務実務士は、NPO法人 医療福祉情報実務能力協会が実施する「介護情報実務能力認定試験」の合格者に与えられる称号です。

● 受験資格はありません。

●試験内容


[実技試験] (5 問)


介護給付明細書の作成
介護報酬明細書作成:居宅サービス:施設サービス

[学科試験] (20 問)


① 介護保険法および関連法規
② 介護保険制度
居宅サービス・施設サービス
③ 介護報酬の請求


●試験日程
年3回(3,7,12月)
※合格の基準は非公開

● 試験会場
在宅試験

●受験料
7,500 円
ユーキャンの介護事務講座

 

タグ :      

介護事務の基礎知識

この記事に関連する記事一覧

クレジットカード 種類