介護事務 資格

福祉関係の資格をめざす方へ

介護事務誕生の背景

yjimageROBX6JP6




介護事務の歴史は介護保険制度の歴史と言っても過言ではないでしょう。介護保険制度が誕生した背景には3つの要因があり、要介護者の増加、寝たきり期間の長期化、家族介護者の高齢化がこれにあたります。


介護保険制度は平成12年4月1日から始まった制度で、入浴や排泄、食事などの日常生活に介護が必要になった人を対象に、必要な介護サービスを提供し、自立をサポートする制度です。


少子化によって介護を行う人の数は減ってきているのに、高齢化社会によって、要介護者の人数は爆発的に増加しています。
また、医療の進歩により命を永らえることが出来るようになりましたが、反面永く介護が必要になったと言えるでしょう。さらに、核家族化が進み、高齢者だけの世帯も増えたので、どちらかが要介護状態になると、もう一方が高齢者でも介護せざるを得ないという状況に陥っています。


しかし、これまでの措置制度では市町村がサービスの種類や提供機関を決めていたので自由にサービスの選択ができないこと、利用に当たって所得調査を受けなければならなかったために心理的な苦痛を伴うこと、さらに中堅所得層にとって利用料が大変重い負担となっていました。


この流れにより介護施設の代わりに入院させることが増え、医療費の無駄など社会的な問題を生むようになりました。それで、介護保険制度を創設して高齢者に自立して地域で生活してもらおうとしたのです。この介護保険制度の誕生とともに、介護保険請求事務を行う介護事務という職種は以上の経過により誕生しました。

 

タグ :     

介護事務の基礎知識

この記事に関連する記事一覧

クレジットカード 種類